ホームセンターは女性にはよくわかりません

今日ホームセンターへネジを買いに行きました。

 

友達が某人気家具やさんに行くと言った際に私から色々お遣いを頼み、その中でも壁につける台の様な物を買ってきてもらったのです。

 

ネットで見てはいたものの、実際買ってきてもらうと重量が重くて取り付けが大変そうです。

 

しかもネジ穴が3カ所あり、結構丈夫なネジじゃないと固定できない感じでした。

 

この台を2つ購入してもらったので、ネジ穴は合計6カ所になります。元々自分で組み立てたりするのが基本の家具屋さんで、説明書はあるものの日本語ではありません。ただネジで打ち付けるだけだとしても、との位の太さのネジががいるのか私には分かりませんでした。

 

 

結局主人も分からずで、その台を持ってホームセンターへGO。ネジ売り場に行ったらネジだらけでまたまた悩む羽目に。

 

 

そしてこの時知ったのですが、木にうちつけるのかコンクリなのか、それとも石膏ボードなのか・・・
対応する種類のネジを買わないとダメなんですね。ますます混乱した私達は、係員を呼びました。

 

 

すると女の人が来たのは良いのですが、工具についてまるで無知なのです。

 

きっと正社員じゃなくてバイトなのだろうけど、それにしてもおどおどしていて上司を呼んでこないし、私でもそんな事分かる!っていう様な、ネジの太さをちょっと確認してどこかへ行ってしまいました。

 

 

仕方ないので併設しえいるプロ用品店へ行ってみる事にしました。
そこでも同じ様な物がありましたが、担当の人が丁寧に説明してくれて分かりやすかったです。

 

 

うちは石膏ボードに台を打ちつけなければいけないと分かったのですが、もしも穴があいたら修復がとっても大変そうです。

 

 

しかも「アンカー」という下地を打ち込んで、その上からネジでとめなければ安定しません。下手すればネジも一緒に取れちゃうかも。。。それ以前に壁に大きな穴が開くのが不安で、この台は保留になりそうです。

 

見た目が派手でも大丈夫?

バイトをしたいけれど、どうしても髪の色やメイクを地味にしたくない・・・こんな場合、悩みますよね。

 

他人が見たら「髪の色黒くすれば良いじゃん」「化粧しなくても良いじゃん」って思われがちですが、本人からしたらメイクやヘアカラーは自己表現の一種で、自分らしさを失うのは恐怖にまで発展してしまう事もあります。

 

 

それなら自分らしさを残したまま働ける場所を探せば良いわけです。
では髪形やメイク、ピアスやネイルなど少々“派手”でも採用してくれそうな職種は何でしょうか?

 

 

私なりに考えてみました。まず真っ先に思いつくのがアパレル系です。
ショップ店員さんは皆派手めで、とても目立っています。

 

そうでないとお客さんから注目されませんし、お店の服を着こなして自分自身がお手本にならなければいけません。
但し自分が働くお店の服で勝負しなければいけないので、幅広いジャンルのファッションが好きな人は限定される事が嫌になるかもしれません。

 

 

ちなみに、私は靴屋さんで働いた事があります。服装が自由で楽しかったです。

 

 

次にキャバクラやスナックの接客ですが、こちらは少々派手目じゃないと逆に駄目だと思います。あくまで容姿の細部にまで気を使っている「きちんと感」がカギとなってきて、鼻ピアスなど個性的すぎるファッションはタブーです。

 

 

お客さんに好感を持って貰える様な派手さを研究する良い機会なので、この手の仕事は勉強になると思います。髪形など案外スルーされるのが事務系で、お堅い企業はNGとはいえヘアカラー程度は大丈夫な場合が多いです。

 

 

ピアスも小さ目のさりげないものならばスルーされるかもしれませんので、面接時に確認すると良いでしょう。茶髪でも化粧濃くても、全然仕事できるんだぞ!ってところを見せ付ければ誰も文句は言わなくなります。

 

 

上司を唸らせるくらい頑張れば、容姿への寛大な対応は後から付いてくるかもしれません。

 

見た目が自由なバイト探しも大変です。

 

 

意外と服装や髪型が自由なのが深夜バイトや朝バイトです。コンビニなどでチェックすると意外とゆるそうな人が多く働いているのが分かります。自給もいいしわざわざ個性を変える必要もないので穴場かもしれませんよ・・

 

チューリップ祭りのイベント

この間実家に行った時、子供達を連れて近くの公園に遊びに行きました。

 

その公園はとても大きく季節ごとにイベントをする公園なので、地元では結構有名な公園です。

 

大型遊具が揃っていて、無料で思いっきり身体を動かす事が出来ます。

 

土日だと有料ですがフワフワドームが設置されて、これまた子供達は大はしゃぎです

 

 

。結局半日遊びまくり、くたくたになったので帰る事にしました。しかし子供達はまだ遊び足りない様で、持参した自転車で公園を大回りして帰る事になりました。遊具で遊んでいる際は気付かなかったのですが、大回りするとあちこちで大人達が作業しています。

 

 

防寒具を身にまとい手には軍手、畑の様な広大は場所に一列に並び姿勢は中腰。小さなクワの様なもので土を掘り起こしています。

 

 

私の父が馴れ馴れしく「何をしているのか?」と作業中の1人に質問すると、チューリップの球根を植える作業をしているとの事。見ると畑にはずらーっと球根が置かれていて、それをクワで1個ずつ土に埋める作業を黙々とやっていたのです。

 

 

そういえばこの公園、冬はライトアップのイベント、春はチューリップ祭りのイベントを行っています。

 

チューリップの球根を黙々と植えている人もいれば、コードに繋がれたライトを鉄柱に括り付けている人もいます。それを支持している人もいます。そうか、今の時期は冬のライトアップと春のチューリップ祭りの下準備を同時にするんだ〜なんて、妙に感心しました。

 

 

すると父はまた馴れ馴れしく「あんたは市の職員か?」なんて聞き込み開始です。すると質問された男性は「いえ、僕らほとんどはバイトです」と正直に答えていました。

 

 

それにしても大変なバイト・・一体時給いくらなんでしょう?

 

 

この時期は毎年日雇いバイトを募集しているのでしょう。皆とても手際が良かったです。

更新履歴